漢方薬

どういうことなのか

不定愁訴を例にお話いたします

身体が辛い、しんどい、だるい、イライラする、風邪をひきやすい、慢性的に疲れやすい、身体が痛いなどの原因がわかりにくい不快症状を不定愁訴と呼びます。
不定愁訴とは慢性的に起こりうる体調不良のことで、その原因は身体を健康に保つ、代謝や内分泌、免疫系のばらんすが崩れる事によって表れます。日々の健康は絶妙なバランスの上に成り立つと東洋医学では考えますが、西洋医学では、数値上問題なければ異常はないと判断されます。その違いが、漢方を用いる東洋医学では身体のバランス悪化による不定愁訴の改善にアプローチができるのです。
不定愁訴の改善は漢方を用いる東洋医学が最も得意とする分野です。
漢方薬とは、自然由来の生薬を複数組み合わせた配合薬です。
生薬とは自然界の植物、動物、鉱物を乾燥させたお薬です。
漢方薬の効果とは、配合される生薬単体の薬効と組み合わにより発生する複合的な薬効の2つの効果があります。

では不調を改善する

漢方相談アプローチの一例をご紹介しましょう

漢方薬による身体の改善の一例を上げると、血液循環の改善があります。
血液には生命活動(代謝)を支えるとても重要な役割があります。
東洋医学では、血液その物を生まれ変わらせる造血作用や流れを改善することで身体の新陳代謝を高め免疫力を高めることで自然治癒力を高める治療方法があります。

つまり

漢方薬で血行不良を改善するとエネルギッシュで健康的な身体に整えられます

これはあくまでも「一例」なのでもっと様々な改善も可能です

漢方薬や東洋医学は西洋医学とは異なる考え方や概念を持つ別の医学です。東洋医学では治療が難しい問題も漢方ならケアできる可能性があります。
東洋医学の考えと漢方を用いることで病を未然に防ぐ身体の自然治癒力や抵抗力を高めることができます。その結果、日々の不調の改善はもちろんのこと、流行り病への耐性も期待できます。
板垣漢方薬舗 代表板垣貴之 薬剤師板垣美津子
板垣漢方薬舗カウンセリング ・東洋医学で診る症状説明 ・東洋医学による改善アプローチ

さらに詳しく漢方相談について知りたい方は下の記事をご参照ください。

漢方相談について

板垣漢方薬舗では人類の英知である東洋医学「漢方」の考えや「処方」を基に、お客様の身体のコンディションや症状にお薬を合わせてアプローチを行っております。当店が持…

ご相談は無料です。お困りの場合はお気軽にご相談ください。

営業時間中(10:00~19:00)のご質問であれば、お電話でのお問い合わせが状況が伝わりやすく、お客様も当店も分かりやすいのでお勧めです。ご質問ご相談は無料です。

辛い症状に一人で悩まないでお気軽にお電話くださいませ。

お電話はこちらから

板垣漢方薬舗では、お客様に対する有益な情報配信と、お気軽にご質問をお受けするために公式ラインアカウントを開設させて頂きました。

お悩みに対するご質問は無料ですので是非ご活用くださいませ。

ラインはこちらから